Night Hawks 岩下千絵のブログ♪ALWAYS BESIDE YOU

ブログはこちらに引っ越しました→http://chieiwashita.blog.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

シーナさんと鮎川さん


シーナさんが亡くなったそうです。

高校生の頃、
ピンナップベイビィブルースがCMから流れて来た時、
かわいい歌だなぁと思いました。

シナロケが小樽のライブハウスに来た時、
母の実家がレコード店だったので
会場でレコード即売のバイトをやったんです。
小さなスタンディングの会場で
ライブ中は前の方に行って観てました。
シーナさんが客席にぶちまけたビールが
ばっちりかかってしまい、びっくり。
シーナさんはファッションは尖ってましたが、
尖ったロッカーではなく、
上品でにこやかで落ち着いていてかっこいい女性ロッカーでした。
シーナさんみたいな雰囲気の女性ロッカーは
いないです。

打ち上げにも呼んでくださり、
みなさんでなごやかに居酒屋ごはんをしました。
ステージでも楽屋でも打ち上げでも
お二人はにこやかでどっしりと穏やかな、
愛が溢れてる感じでした。

その後、ロケッツだけで小樽のポートフェスティバルに
来た時のマーシャルダイレクトのレスポールの音が
凄すぎて、その記憶が大きかったので
結局私もダイレクト派になりました。
この時の鮎川さんのピンナップベイビィブルース、
最高だったんです。
いま、その時のライブカセット、引っ張りだして来て
聞いてました。
シーナさんは子育て中だったんですね。

数年後,
NAON no YAONでシーナさんと一緒になり、
舞台袖に来ていた鮎川さん、シーナさんと
小樽の思い出話をしたんです。
「なんか、覚えとるよ〜
 うちの娘もちえちゃんゆうんよ〜」って。

この時のお二人の仲の良さは
最初にお会いしたときからまったく変わってませんでした。

お二人はずっとわたしの憧れの夫婦像です。

シーナさん、大好きな歌をうたいながら
あの世でのんびりと鮎川さんを待っててください。

201502142121000.jpg



スポンサーサイト

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。