Night Hawks 岩下千絵のブログ♪ALWAYS BESIDE YOU

ブログはこちらに引っ越しました→http://chieiwashita.blog.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

鬱病とおばさんについて


先日どこかでこのままでは2030年までに鬱病の人が
50%になる、というデーターを見ました。
それはあくまで予測で、まぁ、
それぐらいの勢いで「鬱病」と診断される方が
増えているという事なのでしょうが、
「鬱病」の診断とは自覚症状をお医者様がどう判断するか、、
不眠とか動悸、気分の激しい落ち込みとか、、、
ストレス対象を考えた時に実際に身体に起る反応、
それが自分でどうしようもなくなって病院に行くと
問診により「鬱病」と診断される、という感じでしょうが、
心と体は直結していて、
それは梅干し想像すると唾液が出る、
人前に立つと緊張するなどと同じで、
ストレス対象を考えると眠れない、ドキドキするなど
それが人間の心と身体の関係であり、
あたりまえの現象であり、そのあたりまえな事と
度を超した鬱状態や脳の異常との区別を
見極めなければならないのがお医者様ですが、
なんでもかんでも
「○○病」と名前をつけて薬の売り上げにする闇もあるようですので
お医者様選びは慎重に越したこと無いと、、、

人間社会の闇、といえば
今の築地移転問題は大事件ですよね、、、酷すぎる。。
闇、でまくり。露呈して良かった、。
闇に蓋をしきれなくなった時代ですかね、
話しを戻しまして、

「病」と判断され、
少しの期間の薬の使用で良くなれば
それも結果良しと思いますが、
「鬱病」の薬の長期使用による副作用の危険を訴えてる本も出てますので
お薬は慎重に、要注意です。

人間の思考や物事の捉え方は人それぞれで、
ありえないほど間逆な感性を持ったもの同士が共存してるわけで、
ストレス無い人のほうが特異体質とも言え、人間社会、
心を鍛えないとやって行けないようなトラブルが
必ず、一部の特別な人を除いて誰にでも必ず、
何度となく起るワケです。
「鬱」とは「楽しい」と同じように人間としてあたりまえの感情でありますので、
鬱状態のなんでもかんでもを「病」にしてしまわないように
要注意です。
一番の薬は昔の人も言ってたように「時間」と「愛情」、
あと気持ちの「切り替えスイッチ」も重要で、
仕事やトラブルを同時に沢山抱えてますと
一つの鬱に縛られる余裕が無いので勝手に切り替えが
働くのですが、平和に過ごしてた所に
どかん、と問題が起るとそれに縛られて切り替えスイッチが
働かなくなるので、とりあえず一旦、
その問題から離れて違う世界を覗く〜
ということをやってみるのも効果的です、、って、
悩み相談を受けた訳ではありませんが、
私もガラスの30代の頃は完全鬱病の症状をひととおり体験したので
つい書きたくなってしまいました。
私は病院嫌いもあって自然治癒力と時間をかけて抜け出せました。

毎日、同時に様々な問題について考えますが、
昔なら1ヶ月悩んでいたような問題が
今なら1日ですむ、という現象を思うと
私もこの年齢になって、おばさんがずうずうしくなるのが理解出来ます。
生きてると死ぬかもしれないような病や事故や
山あり谷あり茨ありの人生を
何度も乗り越えて来た証とでもいえましょうか、、
結果、そうなってしまう、
ひらきなおれる、、我が道を行く、、怖いものなしのような逞しさ、、
女性は強いですね、子供を産み、育てるのですから、
DNA的に強いのでしょうね、。
(全ての女性にあてはまるわけではありません)

メンタリスト ダイゴさんが
「悪口や批判を気にするのは、他人に自分の人生をコントロールされるということだ。」
とおっしゃってましたが、
まさに、おばさんとは他人に自分の人生をコントロールされない存在、と言えるかも、
(しつこいですが、全ての女性にあてはまるわけではありません)
同時に他人に迷惑をかけないように、注意もしなければなりませんね、
私、気をつけます。。。
ところでダイゴさんのマジック、凄いですよねー。

おふたりはいつも私をコントロールしながら
自分はコントロールされないわねぇ。

「は〜?わたしはいつもありのままですよ、」
「あぁ、、、、あいちゃんって、ねこのかがみだわ、、、」
201609141119000.jpg


スポンサーサイト

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

精神科にかかった事があるけど、患者ひとりあたりたったの3分か5分ほどの診察、患者の話すことに適当にふんふん頷き適当にひとことふたこと返すだけ、いつも『はいいいよ』のひとことで診察が簡単に終わり、いつも2週分の同じ処方箋を受け取って帰るだけ。
これでは何十年かかっても少しも良くならない。
普通に考えて精神病や神経症は薬では直らない。
主治医なら実践的な治療法を患者とじっくり真剣に考えるべき。

ほとんどの精神科医は惰性で診察やってると思いますね。

ドクター気利児 | URL | 2016-09-16(Fri)21:12 [編集]

バンドが売れてたら

やはり精神病まなかったんですかね

どうなんでしょ

笑男 | URL | 2016-09-17(Sat)02:02 [編集]

大変でしたね、、。友人も同じような体験してました。相性の良いお医者様に出逢えた人は稀、って感じです。

CHIE IWASHITA | URL | 2016-09-17(Sat)07:40 [編集]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。